シスターの手編み 聖母の七つの喜びのロザリオ(チェーン)B/桐生聖クララ会修道院 | サンパオリーノ - 修道院製品のお店

1/5

シスターの手編み 聖母の七つの喜びのロザリオ(チェーン)B/桐生聖クララ会修道院

¥4,190 tax included

SOLD OUT

Japan domestic shipping fees for purchases over ¥10,000 will be free.

Shipping fee is not included. More information.

聖クララ会のシスターが、一つ一つ丁寧に編み上げたロザリオ。素材選びから制作まで、全てシスターの手によるハンドメイド品です。祈りを込めて作られた本製品は、丈夫で長く愛用できるロザリオです。

*ロザリオとは?*
ロザリオの祈りを唱える際に、回数を間違わずに正確に祈るために用いる、数珠状の信心用具のことです。
最初の1つめの珠で「主の祈り」を唱え、続く10個の珠で「アヴェ・マリアの祈り」を10回唱えて1連となります。通常はこの1連を5回繰り返すのが正式なロザリオの祈りです。

「聖母の七つの喜びのロザリオ」は、フランシスコ会の修道士たちによって唱えられるものです。各連ごとに、聖母の七つの喜びを瞑想しながら、祈ります。

※聖母の七つの喜び※
1,受胎告知 2,エリザベト訪問 3,イエスの降誕 4,マギの礼拝 5,少年イエスを神殿の中でみいだす 6,イエスの復活 7,聖母被昇天と戴冠

~聖クララ会について~
クララ会の原始会則は1875年尊者マザー・マリア・マッダレナ・べンテボーリオによってイタリアからアメリカへもたらされました。マザーによってまかれた種は成長し、その創立の1つであるボストンから、1965年桐生の聖クララ会は創立されました。シスターたちは神を賛美し、沈黙と孤独、祈りと償い―観想生活の4本の柱を基軸に、厳しい生活を送っています。

祈りのうちに作られた様々な製品(ミサで使うリネン、 イコンのデコパージュ、5連と7連のロザリオ)をおためしください。
____________________
素材:木、金属
サイズ:全長68cm、円周100cm、珠 0.8cm×0.6cm、十字架4.5cm×2.5cm
製造者:桐生聖クララ会修道院

Add to Like via app
  • Reviews

    (865)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥4,190 tax included

SOLD OUT

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品