ロザリオブレスレットについて | サンパオリーノ - 修道院製品のお店

ロザリオブレスレット とは?

「ロザリオの祈り」を唱える際に、回数を間違わずに正確に祈るために用いる、数珠状の信心用具がロザリオです。

ロザリオブレスレットは、このロザリオを簡素化し、手首につけられるようにデザインされました。信心用具としてはもとより、アクセサリーとしても親しまれています。

「ロザリオの祈り」について

カトリック教会では「アヴェ・マリア」を繰り返し唱えながら、聖書に記されているキリストの出来事を黙想して祈る「ロザリオの祈り」という信心業があります。

ミサなどの典礼行為とは異なり、私的な信心業であり、祈り方(数え方)が定められています。そのため、基本的には、ロザリオの珠の数や形状はみな同じです。

ロザリオブレスレットの形状

ロザリオの祈りの基本は、最初の1つめの珠で「主の祈り」を唱え、続く10個の珠で「アヴェ・マリアの祈り」を10回唱えます。結びに「栄唱」を唱えて「1連」が終わります。

一般的には、1連を五回繰り返し「1環」(ロザリオの輪)でロザリオの祈りは完成します。

この1連分の珠のみ配置されたのが、ロザリオブレスレットの基本形状です。

函館天使園のロザリオブレスレットは、上記の配置にさらに3連の珠がついています。

ロザリオの祈りは、キリストの生涯を黙想する前に3回アヴェ・マリアの祈りを唱えます。そのため、3連に連なる珠が配置されているロザリオブレスレットもあります。

3連があるものも、ないものも、どちらの形もロザリオブレスレットになります。いくつかのパターンがありますが、基本は祈りをサポートするための信心用具です。

ロザリオの祈りの祈祷文

「主の祈り」

(カトリックの祈り/サンパウロ刊より)

「天におられるわたしたちの父よ、み名が聖とされますように。み国が来ますように。みこころが天に行われるとおり地にも行われますように。わたしたちの日ごとの糧を今日も お与えください。わたしたちの罪をおゆるしください。わたしたちも人をゆるします。わたしたちを誘惑におちいらせず、悪からお救いください。」

「アヴェ・マリアの祈り」

(カトリックの祈り/サンパウロ刊より)

「アヴェ、マリア、恵みに満ちた方、主はあなたとともにおられます。 あなたは女のうちで祝福され、ご胎内の御子イエスも祝福されています。神の母聖マリア、わたしたち罪びとのために、今も、死を迎える時も、お祈りください。」

「栄唱」

(カトリックの祈り/サンパウロ刊より)

栄光は父と子と聖霊に。初めのように今もいつも世々に。